YouTubeはほんとに儲かるの?1再生あたりの収益はいくら?

Youtube

よく聞くのは
1再生あたり0.1円程度…

本当なのかどうか検証してみましょう

 

規約上、収益は言ってはいけないことになっているのであっさりと…
わたしのチャンネルは2018年8月120万回ほどの再生で、11万円ほどの収益が発生していました。

ということは…
1再生あたり0.09円ほど!!

ひ、ひくい!!!

それもそのはず・・・
2015年ごろからYouTuberの収益レートが下がってしまったようで、
0.1円以下が相場となっている感じです。

「でも待てよ!?」

一番収益が高かった2017年12月を調べてみると
1再生あたり0.17円ほど!!

実は、動画の内容や質、時期、全体の再生回数によって変わってくるのです。

なのでいろんな方の広告単価はあくまで目安ですね。

質の良い動画を作ると広告単価が上がる!?
YouTube【視聴者維持率】を効果的に上げる方法

 

質の良い動画とは!?

ずばり「視聴者維持率が高い動画」です!

わたしもはじめはやっていました…

「なるべく長く見てもらうために、一番の盛り上がりを引っ張って最後に見せて時間を稼ごう」

でもこれは大きな間違えだったのです。

なぜなら「飽きると飛ばされる」から。

これでは本末転倒ですよね。

視聴者維持率の目安はどれくらいが望ましいのか?

理想で言えば1動画あたり70~80%の維持率を保っていればかなり優秀です。

でも最初からそれは難易度高め…

まずは50%以上を目指してみましょう。

視聴者維持率を効果的に上げる方法は?

答えは簡単です。

「動画の時間を短くする」

動画の再生時間も長くなればなるほど離脱率があがるため視聴者維持率も落ちてしまいます。

逆に言えば動画の再生時間が短ければ短いほど離脱率が下がり、視聴者維持率は上がるのです。

そのため離脱率が多い場合は、動画をしっかりと見直して、「無くてもいいかな」と思える部分を見つけてカットし

3分を目安に動画を作成してみると良いかもしれません。

大物YouTuberの広告単価は?

 

HIKAKINさん、はじめしゃちょーさんなどは

1再生0.15~0.2円

くらいだと言われています。

あれ…!?

私、0.17円のときあったじゃん!!

大物YouTuberと同じくらいの単価じゃん!!

ということで、やり方次第では0.15~0.2円の高単価も目指せそうですね!!

月間10万円稼ぐには

月間10万円稼いでたら「おぉーっ」ってなりますね!!

ではYouTubeの広告収益で月10万稼ぐにはどれぐらい再生回数が必要なのでしょうか

1再生0.1円とした場合、月間100万回再生!

つまり1日1本、3万回再生くらいのクオリティの動画をあげる必要が…!

YouTubeの広告収入ってなに?

簡単に説明すると、動画を観ていると、本編の前にレビCMのような映像が流れたり、本編に画像があったりしますよね。

そのCM映像や画像を視聴者が観たり、クリックすると、本編動画のチャンネルに広告収益が入る仕組みです。

あの広告のおかげで私たち視聴者は無料で動画が観れるというわけです

逆に動画の投稿者は、広告主が払っている広告料をGoogleに仲介してもらって報酬を再生数によって頂いています

中には、スキップ不可で全部見ないといけない広告や動画の下に途中からポップアップ表示されるのも全て広告です

YouTubeでお金が発生する仕組みは?

ちょっと面倒だけどけっこう簡単!笑

  1. YouTubeでアカウントを作ってパートナー契約をする
  2. Googleアドセンスに申し込み後、条件をクリアして審査に通れば収益化

あのYoutubrっていくら稼いでるの?

これ・・・気になりますよね?

実は非常に便利なツールがあるんです!

youtuberの収入やランキングを調べられるサービス

その名も「SOCIALBLADE」

https://socialblade.com/

 

使い方もとてもに簡単。ランキングも見られて面白いですよ。

例えばチャンネル登録者数665万人(2018年10月)HIKAKINTVさんを調べてみましょう

ここに収益を調べたいYoutuberのチャンネル名を入れると…

でました!

推定月間収益 $21.500 – $34400

過去30日間の閲覧回数 85,995,300

1ドル112円だとしたら

2,408,000~3,852,800円

1再生あたり0.02~0.04円

どゆこと!?

ここで表示されるのは収入は動画の視聴数に底値なら$0.50、天井値なら$4をかけたもの

収入はあくまでも推測なのです。

Youtubrの収入に細かいデータも参照可能

 

Youtuber収入の波をグラフで表現してくれます。

 

outuberの収入ランキングも確認可能

他に、YouTuberの収入ランキングも見る事ができます。

 

「Top Lists」タブからメニューを開くと、色んな情報が表示されるんです。

 

https://laugh-raku.com/archives/10566 画像もってくる

ニコニコ動画とどっちが稼げる?

ニコニコ動画 「クリエイター奨励プログラム」によると

総支払額は8億3901万3368円で、100万円以上を受け取ったユーザーは171人。

500~999万円は18人(直近12カ月では8人)、1000万円以上は11人(同3人)、「これだけでご飯を食べていける程度」(伴さん)の収入を得る人も出てきている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1403/31/news114.html

 

ニコニコ動画は1再生=0.338円

ニコニコ動画も同様の収益プログラムを用意しており、こちらは公式のデータが公開されています2014年時点では、1再生=0.338円とのこと。

 

スタートから2年以上が経ち、登録者数は7万6000人以上、登録作品数は16万6000以上に上る。

 

ユーチューブにおける再生回数あたりの広告収入は0.1円程度なので、それより平均的には高いと言えます。近年支払い額が増加していることからも、現在は0.4円程度まで収益率は高まっているかもしれませんね。

 

ただ、この再生回数辺りの収入で優劣の判断をしない方が良いようです。

ニコニコ動画の特徴としては、アニメやそれに関連した作品が多く、再生回数もこういったジャンルが伸びやすくなっている。

 

2017年Youtube月間ログインユーザー数は15億人

2017年ニコニコ有料会員「ニコニコプレミアム会員」は214万人

 

また、訪問者数はユーチューブに比べると圧倒的に少ない。再生回数あたりの広告収入が高くても、再生回数自体が伸びなければ意味が無いですね。

Youtubeが稼ぎにくくなった!?

広告収入を得るための「パートナープログラム」に参加するための条件が、2018年2月20日から変わり、従来よりも厳しい審査基準となりました。

 

 

「チャンネル登録者数1000人以上」

「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」

 

上記の新基準を満たせていない駆け出しのYoutuberにとって激震が走りました。

広告収入を得たいYouTuber同士が、互いのチャンネルを登録し合ったりもしているそうです。

 

なぜ変更になったの?

YouTubeは1月17日、ユーザーが投稿した動画から広告収益を得るために必要な「パートナープログラム」の利用条件の変更を発表しました。

これまでは、投稿された動画の総再生回数が1万回以上であればプログラムを利用できましたが、2月20日以降は上記に挙げた2つの条件を満たすことが必要になります。

現時点でプログラムを利用しているユーザーでも、新条件を満たしていない場合は利用が停止されてしまいます。

プログラムの参加基準を厳しくした理由について、YouTube側は公式サイト上の「クリエイターブログ」欄で、悪意のある動画や不適切な動画の収益化を防ぐため、などと説明しています。

その上で、「この変更はコミュニティを保護するために必要な措置であると考えています」と理解を求めています。また、今回の変更で影響を受けるチャンネルのうち99%は、年間の収益が100ドル(約1万円)未満だとも付記していた。

ピンチはチャンス!

 

今回の変更で新たなクリエイターがYouTubeに参入しづらくなるのではないか、などとして、「世界中に動画サイトは存在します」「YouTubeが今後ブランドを守り維持していけるのか疑問」と懐疑的な見方も示していた。

つまり、ライバルの出現率が下がる!!

 

スマホやタブレットの普及率は一気に高まり、動画の視聴者はどんどん増え、動画再生率もそれに伴って高くなっています。

4~5年前からネットを使用する目的として一番に挙げられているのは動画を見ることです。
ネットゲームやネット上でファイルを共有すること、さらにWEBで物事を調べることよりも、動画を見る人の割合は高いのです。

 

実際にわたしの知り合いは、TVを持っていないのです。

その理由は

「スマホやパソコンで動画を見るからTVはいらない」

このように動画の需要はどんどん高まっているのです!

チャレンジが難しくなった今こそ、ライバルの出現が減ったYoutubeを初めてみるのも一つの手ではないでしょうか。

結論

1再生0.05〜0.5円程度という収益性を考えると、
YouTube一本!「プロのYouTuber」になるためには…
少なくとも月収10万円!
つまり月間100万回再生程度が必要なようですね。